2007年もラリージャパンがやってきました!
WRCの第14戦に当たるラリージャパン。高速グラベルラリーで、グロンホルムがローブより有利な気がする1戦。
なにせ、グロンホルムとローブの差は僅差なものですから、ここ数年のラリーで最も面白い展開になっていると言っても過言ではないのです。
スーパーSSのスタート地点 今年もまずはシェイクダウンの観戦から!と心に決めていたので、25日朝4:00に自宅を出発。

カレンダーではすっかり秋も終わり、冬に突入といった季節になってしまったため、非常に寒い!

フリースのポケットにホッカイロを仕込んで正解でした。それでも寒い!

駐車場からサービスパーク行きのバスに乗り込み、到着。しかしながら、まだサービスパークのOPEN時間ではないので当然中には入れず。

しかし、入り口での待ち時間、スーパーSSの変化を取ってみれました。
なんと、SSSの上に上がってからスタートではなく、下からスタートしてコースに飛び出してくる仕組みになってるではないですか(萌
サービスパーク入り口から望む、サービスエリア そして、カメラで遠目でみていると・・・嗚呼、いました。スタリオンGr.Bです。

今年は、当サイトでも紹介しているラリー?コミック「SS」のイベントもアリなのです。

大井こずえ選手もSSの看板背負って、フォードのフィエスタでラリージャパン出場。

そのスタリオンの奥に・・・実は私たち友人間で気になるブーン軍団です。
私が旧スイフトスポーツに乗り換えたときに、同じくコンパクトマシンとして注目していた車です。
実際ブーンは、凄く面白そうです。

そろそろサービスパークのOPEN時間になったようです。それではいざサービスパークへ!

スバルのサービス

ずは、早速スバルのサービスに来てみました!!
というか、サービスエリアに入っていくと、まずスバルとフォードだったりします<レイアウト上


スバルのサービス
早速シェイクダウン前の整備中です!
さんざんサービスを見学してからシェイクダウンを見に行きましたが、ちょっとスバルでは事件ありましたね(ポンスさん)
ソルベルグ車
ソルベルグ車。
初代ラリージャパン王者としては、ラリージャパンでは活躍したいところでしょう。恐らくウェールズの森に似ているところから、ソルベルグはラリージャパンが性に合っているのでしょう。
しかし、このとき既に未テストなダンパーが装備されていたのが、今回も不信に終わる結果となるわけで・・・スバルワールドラリーチームの上層部はどんだけワガママなのかと(^^;
アトキンソン車
アトキンソン車。
アトキンソンはスズキ時代からファンですが。スバルから放出ともなったら、てっきりSX4WRCのシートにおさまっちまうのかと思っていました。
スバルで契約更新ですので。スバルでがんばって頂きたい。
ポンス車
ポンス先生はドライビング中は激しくて怖いですが・・・
やー、実はこの写真はシェイクダウン前ですので綺麗ですが、シェイクダウンでイキナリガードレールにHITでして。目の前でした。
ブログでもちょっと描きましたが、ここに戻ってきて修理しているメカニックを見ていたら、メカニックのチーフらしき人が写真前方のメカマンに話しかけ、私を指さすのです。
そして、なんだか解らないですが、「OKOK〜(ニコッ」と笑いかけてきてくれました。勿論同じように返しましたが(笑
心配して見ているスバルファンに見えたのでしょうか。元赤軍団、現黄色軍団ですが何か?(爆

スズキのサービス

る気のない(お金がない?w)黄色軍団は青軍団の真向かいでしたので、そのままやってきましたよ(笑
去年は粟津原選手がサインをくれました。今年はアーヴァが出場ということですが・・・全然会えませんでしたw
シェイクダウンの無いスズキ

フォードのサービス

本命のフォード軍団です!
正直、始め初代フォーカスは余り好きになれなかったのですが・・・WRC04辺り(マーチンとペロペロちゃんのタッグ)から、凄く好きになりました。
まぁ、ランエボ1が出たときに、興味が沸かなかったのに近い感覚でしょうか(3辺りから激しく欲しくなってしまいましたが)
フォードのサービス 話がそれましたw

アブダビスポンサーが付いてから始めてみる姿のフォーカスWRC07。

去年のカラーリングが凄く好きだったので、07初頭のカラーリングでちょっとベッタリした感じで若干萎えてました。

アブダビ仕様は、今度はピカピカ激しいっすね(^^;

今年は夜のSSS観戦が無いので、フォーカスのマフラーがガスバーナー見たくなるのが見れないなぁ、と思っていたら、大きな間違いでした(笑

ちゃんと林道でも、後ろから見たら真っ赤でしたわ。

グロンホルム車1
グロンホルム車その1。
まだ整備が始まっていなかったので、実はあとからもう一度来訪。
グロンホルム車2
んで、グロンホルム車その2。
もうサービスパークはウロウロしまくってどういう順番で見たかなんて覚えてませんが。
ヒルボネン車
ヒルボネンは今若手の中で一番好きなドライバー。
キチンを仕事をこなしてきた彼は、やはり2008年はフォードのエースだよなぁぁぁ〜
ヘニング兄車
ヘニング車。ペターの兄貴。

ファンは「アニキ!」と応援してたけど、意味わかってただろうか・・・(w

アイスクリーム軍団
そして、アイスクリーム屋がスポンサーなフォーカス様々。

シトロエンのサービス

ライバースタイトルをグロンホルムと争うシトロエンのセバスチャン・ローブ。そのサービスへやってきましたよ。
開発期間が長かったからか、元TTEの福井さんが言うとおりにまず耐久性ありき、なCシトロエンのWRカーC4は新型にありがちなトラブルを出さずにラリーの先頭を切っていますね。
初期トラブルといえば、ローブがお気に召さなかったシートポジションといったトコロでしょうか。
シトロエンのサービス
ローブ車のサービス中。まさかあんな事になるとは・・・グロンホルムもでしたが。
ローブ車
そしてストール先生!
ストール先生車
実は、後日ミニカー欄で紹介しますが、ストール先生からサインを頂戴いたしました。
ストール先生仕様のクサラは持っていたのですが、プジョー307は持っていなかったので、急遽ストール先生ブース作成のためにご購入(ぉ

0、00カーは・・・

年の0カーはどうなるんだろう?と色々と憶測が流れていましたが、新型インプレッサとランサーエボリューションXが走行とあいなりました。
サービスで早速発見!パシャパシャと撮影開始。インプレッサの少し横の方にランエボも準備中でした。
新型インプレッサベース車1
実は丸目インプレッサのときも思ったのですが、ラリーカーにするとカッコイイですね!
新型インプレッサベース車2
エボXは、内装も少し見ることが出来ました。
ドアの内張のカーボンに萌え(w
エボ10ベース車1
マフラーは1本出しになっています。穂締めでトルク重視でしょうか。 エボ10ベース車2
ああ、いいなぁ。ランエボに返り咲きたいですが、勿論買えません(爆
エボXのランプポッド仕様、超萌えでしたよ。
ちなみに陸別林道で観戦時にインプレッサとエボXの走りを見比べてみると・・・なんだかエボ10のほうが全然速かったような(^^;?

その他N車等見に行ってみました

リーの主役はWRカーばかりではありません。
もっと身近なN車こそ、もっとラリー人気を盛り上げるべきではないかと思います。
まずはエボ9
0カーではエボX登場ですが、N車ではまだまだ出てきません。現行はエボ9です。
田口勝彦車
田口選手のエボ9。N車の魅力は、同じ車種は多いのですがカラーリングが全然違う点。自分でデザインしてみたいと思うこの頃です。
絵を描く時間が取れるのならば、オリジナルラリーカーを描いて公開したいとも思うのですが・・・・
インプレッサ1インプレッサ2
ラリージャパン前に、上司がとある宿泊施設前にキャリアごと止まっているのを目撃して写真を送ってくれました。まさにこのインプレッサ。
その時の写真は伏せておきます・・・
映画撮影に使用されたスタリオン
タリオンGr.B、きましたーw
コミックのページでも紹介している、「SS」の主人公が引っ張り出してきたラリーカーです。
その映画化、ということで引っ張りだこでしょうかw
急遽作成したマシンって感じでしたが・・・ちなみにSSはキャストも凄く良いので是非映画館に!

カーパーツ通販チョイス カーパーツだ! 激安タイヤ専門店 タイヤハウス
HIDマニア :HIDの購入やDIY取付、トラブルについてサポートする社外HID専門サイト ミニカー工房「ImaginS」